1日の育児&勉強スケジュール

さて、12月に無事出産を終えてからは恥ずかしながら
私は身も心も、ぷちパニックでございました。
さすがに1ヵ月ほど里帰りさせていただきましたわ。
とにかく少しでも早く体を戻して、赤ちゃんのいる暮らしに慣れて、
そして隙間をみつけてはひたすら復習
幸い最初の頃は赤子もほとんど寝たきり状態。
夜中にしばしば泣かれましたのは難儀でございましたが
実家の両親にも助けられながら、なんとか勉強を中断することなく
乗り越えることができたのです。

ところが、里帰りから戻った後は、
そうやすやすと上手くは参りませんでした。
とにかく赤子の世話と夜泣きとおさんどんで、
さすがの私もヘロヘロでございました。
あぁ、このままでは挫折してしまいますぅぅぅ…
ダーリンと協議の末、地元の無認可保育園に赤ちゃんを
預けることにしたのでございます。
ですが9時から5時までめんどうみていただく保育料は1ヵ月6万円…
これでは育休取っている意味がないじゃございませんか…。
でも、保育園にお世話になるのは長い人生から見ればわずかな期間。
されど国家資格は一生もの。
ここでがんばらなければ悔いが残る。

意を決して保育園のお世話になることにしたのです。
まあ、どのみち職場復帰すればお世話になるわけですからね。

そのようなわけで、月曜から金曜までの週5日は
約8時間弱(送り迎えがありますので実際は7時間程度…)を
勉強時間に充てることができるようになったのでございます。
その時の平日のタイムスケジュールはこのような感じでしたわ。

6:00起床→7:00授乳と朝ご飯→8:00夫出勤→
8:40保育園へ出発→9:20帰宅→
9:30?12:30午前の勉強(DVD講義・テキスト理解または復習)
→12:30?13:30昼食と休憩→13:30?16:40午後の勉強(暗記)
→17:00お迎えと買い物→18:00夕食の支度→19:00夕食/夫帰宅
→20:00お風呂→21:00赤ちゃんと遊びながら一緒にベッドへ
→23:00再び一度起きて夜の勉強(主に練習問題と復習)→0:30就寝

土日は午前中を子供やダーリンとゆっくり過ごし、
午後の2?3時間はダーリンに赤ちゃんを見ていてもらって1週間の復習
そして夕方以降は平日とほぼ同じ感じでございました。

ええ、ダーリンにかなり協力してもらえたのはありがたかったですわ。
とにかく、本試験までの数ヶ月はこのような感じで過ぎていったので
ございます。

→授乳時間を有効に!へ

年収と仕事の事情を社労士にインタビューしました!